失敗しない防犯カメラの選び方

以前は高価だった防犯カメラもだいぶお求めやすくなり、一般の家庭でも設置できるようになりました。
最近では無線LANに対応しているため配線が不要だったり、パソコンの画面でモニターできるなど、かなり簡単に設置できるようになってきました。
設置する際は、目的や設置場所によって様々なタイプのものが販売されていますので、選ぶ際には迷ってしまうと思います。
そこで防犯カメラを選ぶ際に注意すべきポイントについてご紹介します。
まず目的にあった画素数のものを選ぶことが大切です。
100万画素以上のメガピクセルカメラでしたら、20メートル以上離れてもかなり鮮明な画像で見ることができます。
この場合、画像を記録するレコーダーもメガピクセル対応でなければなりません。
次に設置する場所に応じたものを選ぶことが重要です。
日中や明るい屋内に設置するのか、夜間の屋外を監視するのかで選ぶべき防犯カメラのタイプは違ってきます。
夜間の屋外を監視するのが目的でしたら、暗視タイプのカメラを選ぶのが良いでしょう。
防犯灯付きのカメラや不審者の侵入を知らせるアラーム機能付きのカメラもあります。
屋外に設置する場合は防水性も大切ですので、選ぶ際に注意しましょう。

防犯カメラの必要性について

防犯カメラを設置することは、さまざまな防犯対策につながります。
まず個人宅においては、何よりまず空き巣の予防になるでしょう。
カメラを軒下や駐車場の付近などに設置します。
不審者が近寄るとライトが光ったりブザーが鳴り響いたりして威嚇すると共に、ご近所にも知らせてくれるので安心です。
マンションの場合は、最近はエレベーターの中が映されるカメラもよく見られるようになりました。
これならば、エレベーターの中での痴漢行為やストーカーなどの被害も防ぐことができます。
また家ではなく店舗内においても、防犯カメラはあちこちに設置されています。
これは万引きを防ぐためであり、棚の死角部分や万引きしやすい階段などに多く見られます。
万引きによる商品ロスを防ぐために大切な対策です。
また公共の駐車場では、録画付きのカメラも多いです。
録画付きであれば、車上荒らしの犯人が逃げてしまってもカメラに残っている映像を元にして犯人を捜すことができます。
少しでも犯人像の手がかりを見つけるためにも、防犯カメラは役に立つのです。
日々さまざまな犯罪が起きていますが、犠牲者が出る前に未然に事を防ぐためにも、こうしたカメラの設置は必要だといえるでしょう。

注目サイト

株式会社 ロセット
http://www.rossetto.co.jp/
リーブ21
http://kamidock.com/
GPSレンタル
http://b-gps.jp/
薬剤師 求人
http://www.cme-pharmacist.jp/
大学の偏差値
http://hensachimap.com/
ソファーベッド
http://www.sofabed-tsuhan.com/
保健科学東日本
http://livesecretgigs.com/
美容室 砺波
http://waraku.co.jp/author/dear-nexus

Last update:2016/10/6