"

店舗の防犯カメラの存在とは・・・。

店舗にてよく防犯カメラがあります。
今の世の中当たり前の設備です。
どの店に行っても設置されていて無いところの方が珍しいと言えます。
この防犯カメラですが、本来の目的は、もちろん防犯のためで、営業中であれば、お客様の万引きなどの監視が一番の目的です。
閉店後は、盗難などの泥棒対策が一番の目的です。
実は、設置側のオーナーや、店主、責任者には、もう一つの目的があります。
それは従業員の監視です。
当たりまえのように、レジの近くには防犯カメラが設置されていますが、このカメラは、目的の一つに従業員の防犯の監視が挙げられます。
レジ周りは、お金を扱う場所でもあり、事故・事件が一番多く発生すると考えられる場所です。
この場所を監視することによってお客様の監視とともに従業員を監視することによって従業員の防犯も行っています。
映像は、録画されていますが、本体が盗難にあうと意味がないために、本体は必ず別の場所か、壊されないように設置をすることも大切です。

防犯カメラを店舗に設置するなら場所も考える

防犯カメラは店舗の商品を守るために重要な機械です。
設置する場所によって犯罪を未然に防ぐ事も可能となっており、場合によっては大きな事故も防げるものとなっています。
裏にはモニターに繋いだ設備も必要で、防犯カメラをリアルタイムで見れるものと録画専用のものなど二つの機器を導入する手段も良いものです。
又、顧客からわざとモニターが見える様にしておく事で、防犯対策にもなるので、これも店舗に実装しておきたいところです。
カウンターから死角になる位置に設置する事やカモフラージュの防犯カメラを設置する事も良い手段です。
そして、商品の陳列ラックの真上などにカメラを設置して画像に人の顔がはっきりと映る様にするのも考えておかなければいけません。
もちろん、リースやレンタルなどを利用して比較的安い値段でカメラを導入してみて、常に最新機種で試すなど店舗に合ったカメラを設置するのもテクニックの一つです。
この方法を利用して、防犯対策に繋げる事が店を安全に導く手段です。

check

Last update:2015/11/20